Browse

You are looking at 1 - 10 of 52 items for

  • Refine By Language: Japanese x
Clear All
International Monetary Fund. Fiscal Affairs Dept.

Abstract

世界中で財政がひっ迫する中、財政政策はどのようにしてイノベーションと技術伝播を促せるだろうか。 各国は、安全保障上の懸念がある中で、一部の部門に特化してイノベーションを促す産業政策を導入している。しかし、産業政策は、対象部門が炭素排出量の削減や知識のスピルオーバー効果など重要な社会的利益を生み出し、こうした政策の実行能力が高く、外国企業を不利な立場に置かない場合に限られるべきだ。 より広範な部門のイノベーションを支え、基礎研究を重要視するよう適切に設計された財政政策の組み合わせが、先進国の長期的成長を押し上げうる。先進国以外の国は、戦略的な投資と税制改革によって技術の採用を促すことが優先事項である。

International Monetary Fund. Monetary and Capital Markets Department

Abstract

第2章は、急速に拡大している資産クラスであるプライベートクレジットにおける金融安定性の脆弱性と潜在的リスクを評価する。プライベートクレジットは従来、商業銀行によるローン市場や社債市場の外で中堅企業に対し融資を提供することが中心だった。プライベートクレジット市場の規模は今、他の主要な信用市場に匹敵するまでに拡大している。同章は、比較的脆弱な借り手や、流動性が低い投資ビークルの増加、重層的なレバレッジ、古い情報に基づき且つ主観的でありうるバリュエーション、市場参加者間の不透明な連関から生じる重要な脆弱性を特定する。プライベートクレジットは、透明性が改善しないまま緩いプルデンシャル監督下で急拡大し続ければ、こうした脆弱性がシステム上重要な意味を持つようになる恐れがある。 急速に増え相互に連関している同資産クラスが抱える潜在的リスクを踏まえ、当局はプライベートクレジットに関して、より積極的な規制監督体制を検討しうる。包括的にリスクを評価するためにはデータギャップの解消と報告義務の強化が鍵となる。当局はモニタリングを重視し、ファンドの流動性リスクと行為規範リスクに対処すべきである。これは、より高い償還リスクを抱えるファンド、特に個人投資家向けファンドで重要である。デジタル化の進展、技術進歩、地政学的な緊張の高まりを背景に、サイバーリスクが高まっている。第3章で示すように、これまでのところサイバーインシデントは金融システムを脅かすまでには至っていないが、こうしたインシデントによって巨額の損失を被るリスクは高まっている。また、金融セクターのエクスポージャーは大きく、重大なサイバーインシデントが起きれば、信頼の喪失、重要なサービスの途絶、およびテクノロジーや金融面でのつながりを要因とした他の金融機関への波及により、マクロ金融の安定性が脅威にさらされかねない。サイバー関連法制の整備と企業内のサイバー関連のガバナンス強化を通じ、リスクの逓減を図りうるものの、サイバーセキュリティ政策の枠組みは、新興市場国と発展途上国を中心に依然として総じて不十分である。よって、金融セクターのサイバーリスクへの耐性は、国家レベルでの十分なサイバーセキュリティ戦略と、適切な規制監督の枠組み、有能なサイバーセキュリティ人材、国内・国際的情報共有体制の整備を通じて強化しなければならない。サイバーリスクのモニタリングの実効性を上げるためには、サイバーインシデントの報告体制も強化するべきである。監督当局は、金融会社の役員に対して、サイバーセキュリティの管理と適切なリスクカルチャーの醸成、サイバー衛生の徹底、サイバートレーニング・サイバー意識の向上についての責任を課すべきである。生じうるサービスの途絶を抑制するために、金融機関はサイバーインシデントへの対応と復旧の手順を定め、テストすべきである。各国当局は有効な対応手順と危機管理の枠組みを整備する必要がある。

International Monetary Fund. Research Dept.

Abstract

世界経済の成長率は2024年に3.1%、2025年は3.2%へ加速する見通し。中央銀行がインフレと闘う中で金利が高止まりしていることや、高債務の環境下で財政支援が縮小されていることが経済活動の重しとなっている。供給側の問題が解消し、引き締め的な金融政策が続く中、インフレ率は大半の地域で予想以上に速く鈍化している。世界の総合インフレ率は2024年に5.8%へ、2025年に4.4%へ鈍化する見込みで、2025年の数値は下方改定された。

International Monetary Fund. Asia and Pacific Dept

Abstract

世界の需要がモノからサービスへ移行し、当局が足並みを揃えて金融引き締めを進める厳しい環境のなかでも、アジア太平洋の経済活動は依然として、2023年の世界経済成長の約3分の2を占める軌道に乗っている。

International Monetary Fund. Research Dept.

Abstract

最新の「世界経済見通し」は、コアインフレ率が高止まりしていることが判明する中でも政策の引き締めが経済活動を抑制し始めている兆しを指摘する。銀行セクターのストレスが後退するにつれリスクは以前より均衡を得ているが、依然として下振れ方向に傾いている。金融政策は引き続きインフレ率を目標に戻すことに集中するべきだ。そして債務急増に対処するために財政を引き締めなければならない。財政的余裕が限られている中、中期的な成長見通しを押し上げるには構造改革が重要だ。

International Monetary Fund. Corporate Services and Facilities Department

Abstract

The world has witnessed transformational changes in recent years, not the least in technical parlance. With the massive amount of new and interdisciplinary concepts, the need has emerged to standardize and communicate emerging technical terms in languages other than English. The language Services Division of the IMF’s Corporate Services and Facilities Department prepared this thematic bulletin as a contribution to the international effort of linguists and translation experts, for the benefit of topical experts, member countries, professional translators and interpreters, and the general public. It is produced on the occasion of the 2023 Annual Meetings of the World Bank Group and the International Monetary Fund in Marrakesh, Morocco.

International Monetary Fund. Corporate Services and Facilities Department

Abstract

This bulletin is a special edition prepared by the language Services Division of the IMF’s Corporate Services and Facilities Department. It contains terms and acronyms related to IMF terms and main topics for discussion in the 2023 Annual Meetings of the World Bank Group and IMF.

International Monetary Fund. Corporate Services and Facilities Department

Abstract

Since its creation in 1944, the International Monetary Fund has developed a special technical language, reflecting its evolving facilities, initiatives and operations. This bulletin is a special edition containing IMF-specific terms and acronyms, prepared by the language Services Division of the IMF’s Corporate Services and Facilities Department on the occasion of the 2023 Annual Meetings of the World Bank Group and International Monetary Fund.

International Monetary Fund. Monetary and Capital Markets Department

Abstract

これは全 3 章の要旨です。

International Monetary Fund. Fiscal Affairs Dept.

Abstract

This product is only available in PDF and only contains the Executive Summary.