Browse

You are looking at 1 - 10 of 54 items for

  • Refine By Language: Japanese x
Clear All
International Monetary Fund. Asia and Pacific Dept

Abstract

アジア太平洋地域は2023年下半期に、予想を上回る経済活動を示し、年間の成長率が5.0%に達した。インフレ率は低下し続けた。ただ速度にばらつきがあり、価格圧力が根強く残る国と、デフレのリスクに直面する国が存在する。 2024年の成長率予測は4.5%と、ペースがわずかに落ちる見込みだ。世界的なディスインフレと、金融緩和が見込まれることによって、ソフトランディングの可能性が増す中、短期的リスクは現在、上振れと下振れの間で概ね均衡がとれている。しかし、中国の不動産部門の大幅な調整による波及効果が依然として重要なリスクであるほか、地経学的分断が中期的成長の見通しに影を落としている。 物価情勢が各国で異なることを踏まえると、中央銀行の政策は、国内のニーズに合わせて慎重に調整する必要がある。高齢化や気候変動など、構造課題に対処する際には財政余地が必要となるため、債務負担と債務返済コストを抑制するために財政再建を加速すべきである。

International Monetary Fund. Fiscal Affairs Dept.

Abstract

世界経済の見通しが安定しつつある一方で、財政当局は新たな課題に直面しながら、依然、多額の債務と赤字という傷跡に対処している。今年は、80を超える経済圏で選挙が実施される。高額な政府支出への支持が高まる中、財政リスクは深刻である。資金調達環境が依然として厳しい中で、構造的な課題に対処するための歳出圧力がますます差し迫っている。各国は、基礎研究を含むイノベーションをより広範に促進し、技術の普及を促すために、適切に設計された財政政策を組み合わせることによって長期的な成長を後押しするべきである。持続可能な財政を守り、バッファーを再構築するためには、堅固な財政再建に取り組まなければならない。

International Monetary Fund. Research Dept.

Abstract

最新の「世界経済見通し(WEO)」によると、経済活動は、中央銀行が価格の安定を取り戻すために大幅に利上げしたにもかかわらず、世界的にディスインフレが見られた2022ー23年を通して、予想外に底堅かった。世界経済見通しのリスクは昨年と比べ概ねバランスが取れている。金融政策は、インフレが確実に、スムーズに落ち着くようにしなければならない。同時に、財政政策は、予算的余裕を再構築し、債務の持続可能性を確保するため、財政再建計画の導入に改めて注力する必要がある。財政的余裕が限られている中、中期的な成長見通しを押し上げるには構造改革が重要である。

International Monetary Fund. Monetary and Capital Markets Department

Abstract

第1章では、世界的なディスインフレが「最後の1マイル」に入りつつあるとの期待が高まる中、短期的な金融安定性リスクが後退していることを示す。しかし最後の1マイルにはいくつかの顕著なリスクが存在するほか、中期的な脆弱性が高まりつつある。 第2章は、急速に拡大している資産クラスである企業向けプライベートクレジットにおける金融安定性の脆弱性と潜在的リスクを評価する。プライベートクレジットは従来、商業銀行によるローン市場や社債市場の外で中堅企業に対し融資を提供することが中心だった。プライベートクレジット市場の規模は今、他の主要な信用市場に匹敵するまでに拡大している。 第3章は、サイバーインシデントはこれまでのところ、金融システムを脅かすまでには至っていないが、重大なサイバーインシデントが起きる確率が高まっており、マクロ金融の安定性が大きな脅威にさらされていることを指摘する。

International Monetary Fund. Research Dept.

Abstract

世界経済の成長率は2024年に3.1%、2025年は3.2%へ加速する見通し。中央銀行がインフレと闘う中で金利が高止まりしていることや、高債務の環境下で財政支援が縮小されていることが経済活動の重しとなっている。供給側の問題が解消し、引き締め的な金融政策が続く中、インフレ率は大半の地域で予想以上に速く鈍化している。世界の総合インフレ率は2024年に5.8%へ、2025年に4.4%へ鈍化する見込みで、2025年の数値は下方改定された。

International Monetary Fund. Asia and Pacific Dept

Abstract

世界の需要がモノからサービスへ移行し、当局が足並みを揃えて金融引き締めを進める厳しい環境のなかでも、アジア太平洋の経済活動は依然として、2023年の世界経済成長の約3分の2を占める軌道に乗っている。

International Monetary Fund. Research Dept.

Abstract

最新の「世界経済見通し」は、コアインフレ率が高止まりしていることが判明する中でも政策の引き締めが経済活動を抑制し始めている兆しを指摘する。銀行セクターのストレスが後退するにつれリスクは以前より均衡を得ているが、依然として下振れ方向に傾いている。金融政策は引き続きインフレ率を目標に戻すことに集中するべきだ。そして債務急増に対処するために財政を引き締めなければならない。財政的余裕が限られている中、中期的な成長見通しを押し上げるには構造改革が重要だ。

International Monetary Fund. Corporate Services and Facilities Department

Abstract

The world has witnessed transformational changes in recent years, not the least in technical parlance. With the massive amount of new and interdisciplinary concepts, the need has emerged to standardize and communicate emerging technical terms in languages other than English. The language Services Division of the IMF’s Corporate Services and Facilities Department prepared this thematic bulletin as a contribution to the international effort of linguists and translation experts, for the benefit of topical experts, member countries, professional translators and interpreters, and the general public. It is produced on the occasion of the 2023 Annual Meetings of the World Bank Group and the International Monetary Fund in Marrakesh, Morocco.

International Monetary Fund. Corporate Services and Facilities Department

Abstract

This bulletin is a special edition prepared by the language Services Division of the IMF’s Corporate Services and Facilities Department. It contains terms and acronyms related to IMF terms and main topics for discussion in the 2023 Annual Meetings of the World Bank Group and IMF.

International Monetary Fund. Corporate Services and Facilities Department

Abstract

Since its creation in 1944, the International Monetary Fund has developed a special technical language, reflecting its evolving facilities, initiatives and operations. This bulletin is a special edition containing IMF-specific terms and acronyms, prepared by the language Services Division of the IMF’s Corporate Services and Facilities Department on the occasion of the 2023 Annual Meetings of the World Bank Group and International Monetary Fund.